鉄則(その3)

 弁理士に一任してはバカを見る!

本当にあなたのことを考えてくれる弁理士なら、このような言葉は出てきません。

 

「わかりました。あなたの指示通りに登録しましょう。」

 

何か、ものすごくうれしい言葉に聞こえるのですが、弁理士はプロ、あなたは素人、本当にそのままでいいのでしょうか?

 

偶然もあるかもしれません。しかし、そのほとんどは、「こうしておけばなあ・・・」、「なんでこんな権利にしてるの」・・・の連続です。それだけに、自分で考えることが必要なんです。

 

                      次へ>